木育プロジェクト
めぐみこども園
暮らしの中に木を取り入れ、こどもの心を豊かにする「木育」を。
  • 木育とは?
  • 木の魅力
  • 木育への想い
  • 木育ルーム
  • 木育のとりくみ

木育ってなあに?

木づかう心、豊かな感性を育てる「木育」(もくいく)

この言葉は、2004年北海道で生まれました。
こどもの頃から木を身近に使っていくことで、
人と、森や木との関わりを主体的に考えられる
“豊かな心”を育てたいという想いが込められています。
そこでわたしたちは、「木育」を「“木”が好きな人を“育”てる活動」と考えました。

森林大国・日本で暮らすわたしたち。
木育は単に木が好きになって、木を暮らしの中に取り入れればいいというものではありません。
その木材が、森林や環境をきちんと大切にしながら伐られているのか
といったところにまで想いを馳せ、
自分たちが暮らす地域の「木を使うこと=環境を守ること」につながっていることを
しっかりと理解し、さまざまなものづくりを通して木の文化を伝えていくことが大切です。

赤ちゃんが一番心地よく感じるのは「ママの肌」。
二番目は「木のおもちゃ」だと言われています。
こどもは遊びの中で、目で見て、耳で聞いて、さわって、味わって、においをかいで…
五感をいっぱい働かせます。
乳幼児期に木にたくさんふれることで、
本来持っている創造力や考える力、好奇心を刺激。
心の成長や思考にとてもいい効果があるそうです。
手にふれたときのぬくもりやホッとする香りは、木材ならではのもの。
家庭や地域、園での木のおもちゃ遊びや活動、さまざまな体験を通じて、
こどもたちの豊かな心を育てていきましょう。

めぐみこども園 〒918-8047 福井市久喜津町二本松34-1 TEL 0776-36-5057
copyright 2019 MEGUMI nursary school. all rights reserved.
powered by cheltenham software