ページTOPへ戻る
めぐみこども園

こどもたちの日常のまんなかに気のある暮らし

保育・教育内容
保育・教育内容

食育


食の大切さを知り、自律的な食生活を営めるように。

食育とは、食べることの意味を理解し、一人一人が自律的に食生活を営む力を育てること、またそれを実現しやすい環境をつくり、それらを助けながら進めていくことです。ここ30~40年の間に世の中が随分変わってきているのと同じで、食生活も随分変化してきています。昔とは違い、今では外食したり、出来上がった惣菜を買ったり・・・手軽に食べることができるようになりました。ですから、好き嫌いが多かったり、偏った食生活となり、子供たちの食生活も乱れがちになっています。そのようなことをなくしていくためには、まず「食べ物は最初から食べ物としてあるわけではないということ」自然のめぐみをうけて作物や魚、肉牛などが育ち、それらが食品となり調理されて、やっと食卓に並ぶということを伝えていかなければなりません。また食卓に並ぶまでの食材にもっと触れたり、作物を栽培し収穫をしたりすることで食べ物に対する意欲も出てきて、好き嫌いもなくなり、健康な体作りができるのです。 子どもたちのために私たち大人がしなくてはならないことは「食の大切さを知り、『体に良い食べ物』を自分で選べるような自立した人間」に子どもを育てていくことです。そして一番大切なことは、「食べる楽しさ」を伝えること、それが食育なのです。

当園では、食育を通し、以下の4つの能力がつくようにしています。

  1. 食べ物を選ぶ能力
  2. 元気な体が分かる能力
  3. 料理する・味が分かる能力
  4. 食べ物の育ちを知る能力

ごはんを主食にした1汁3菜

主食 ごはん 炊きたてのご飯をたくさん食べよう
みそ汁 具がたくさんのみそ汁を飲もう
主菜 魚や肉 その時季にとれる「旬」の魚なら最高
副菜 豆やイモ類の煮物など 豆や土の中でとれるもの(根菜)を食べよう
副菜 おひたしやサラダなど 野菜はもちろん、海草やキノコもたくさん食べよう

食育
当園のこだわり

こどもたちの食育のために、こだわっています。

  • 自園調理のおいしい給食

    自園調理のおいしい給食

    給食センターや自園調理であっても外部委託が主になってきている時代ですが、当園では自園調理にこだわり、冷凍食品もほぼ使用せずあたたかくおいしい給食やおやつを提供しています。また、子どもが気に入った料理を自宅で再現できるようレシピも公開しています。

  • こだわりの食材

    こだわりの食材

    できるだけ福井の安心・安全な食材を中心に、お米は大野の農家から直接仕入れているなど、使っている食材にもこだわりがあります。

  • 畑や園庭での収穫活動

    畑や園庭での収穫活動

    園では畑を持っており、サツマイモなどの苗植えから収穫までを子どもたちが行なっています。また園庭でも、収穫できる木を植え、子どもたち自らが育て、季節を感じ、収穫し、食す、楽しみを得ています。

  • 専門の栄養士との連携

    専門の栄養士との連携

    当園では専門の栄養士による離乳食の提供やアレルギー管理、食生活管理も行なっています。安心・安全でおいしい食事の提供と、子どもたちの健全な発達を支援しています。

  • クッキング体験

    クッキング体験

    そば打ちや、御餅つきなど、日本の文化はもちろん、ときには海外の文化にもふれながら、子どもたちに“作って食べる楽しみ”を体感してもらっています。

  • 本物志向の器&カトラリー

    本物志向の器&カトラリー

    園で使用している器は、通常の園の食器とは違います。「越前漆器」「越前陶器」など福井の伝統工芸品を積極的に取り入れたり、子どもたち自らが半年かけて手作りしたスプーンを使ったりしています。ホンモノのよさにふれてもらいながら、食やふるさとの産業技術に興味関心も持ってもらうきっかけづくりを行なっています。

見学&体験入園・受付中

見学・体験入園

体験入園に参加してみませんか?

当園では、月に1度、体験入園を実施しています。園児や保育教諭と関わりながら、好きな遊びをしたり、おやつを一緒に食べたりして楽しさいっぱいの園の雰囲気を体感していただく絶好の機会です。

社団福祉法人 めぐみこども園

〒918-8047
福井県福井市久喜津町二本松34-1
TEL 0776-36-5057
E-mail
copyright 2019 Megumi Nursery School all rights reserved.
powered by cheltenham software